Mixology Bar Source 2102

2月7日 『最新情報』

東京都の営業時間短縮要請に伴い、引き続き、

2021年2月8日から3月7日まで19時半ラストオーダーの20時閉店となります。

(テイクアウトとUBER EATSは22時半まで受付いたします。)

■看板のない店内禁煙バー、司法書士事務所の跡地。■スピークイージーな空間で。
【おもてなし】の「技・舌・心」土台となる日本のバーの伝統を重んじ、酒の歴史と進化し続ける日本のバーの文化のシナジーを基礎に、 五感を擽るミクソロジーカクテルとワインが 毎夜セレンディピティを刺激する”ハイクオリティカジュアルバー”
■店内禁
煙ですので、フルーツやコーヒー、ワインの香りを存分に御堪能いただけます。
■看板はございませんので、御面倒をおかけするかもしれません。場所はお気軽にお電話ください。
■「Source」とは「発信源・源流」 日本の小さなバーから世界に「最新の時流」を発信いたします。 

「ヒストリー」

sourceとは「発信元・源流」といった意味合いです。積極的にバー文化を発信して、
新しい普遍的なものを生み出していきたいという思いが込められています。
なので、レシピもどんどん公開します。
2102とは、東麻布2丁目10番2号の住所の数字を店名につけました。
代表の関口が修行した銀座の三笠会館は、本店バーが住所番号を店名にしていたので、オマージュの意味もあります。

開業は2013年の3月11日です。開業時からずっと看板は出さず、店内は禁煙です。
建物は昭和48年1月10日に代表の祖父である関口仁郎が、司法書士事務所を三田より移転し建てました。
曽祖父と祖父の2代で約100年間、司法書士事務所を営んでいたが、政府の規制改革の価格の自由化と、
インターネットの普及により、競争が激しくなり、近所の司法書士事務所も激減した頃に祖父も他界した。

昭和40年代の木目の壁紙は現代では手に入らず、三田の前の事務所から運んだ書類棚も、
味のある使い込まれたものなので、バーへの改装時もなるべくあるものは残すことにした。
バーのコンセプトが、旬のフルーツカクテルカクテルを使ったり、コーヒーやワインにもこだわりながら、
【日本のバーの文化を伝承、創造、発信、発展させて、永続的に伝承する】ですので、
先人の残したものをむやみに壊さず、工夫して継承できるものは残していく内装コンセプトにしました。
初代店長は大渕修一氏201303~20151231 2代目店長は植松大記氏201601~201712 3代目は藤城敦氏201801~201811

「商品」
1:”カジュアル”なフルーツミクソロジーカクテル
(メーカー製のリキュールに頼らず、旬の生のフルーツやスパイスを、たっぷりと使い、ゴクゴク飲める健康的なカクテル。
違法な蒸留・危険な液体窒素などは用いず、漬け込み酒もノンアルコールカクテル対応のために基本やりません。
なので”カジュアル”という表現をしています。チーズ酒、尾崎牛ウォッカなど若干の自家製酒カクテルはやっています)

2:コーヒーカクテル
SIGS決勝大会において、当店のスタッフ2名が計3度優勝しております。
アイリッシュコーヒーと創作コーヒーカクテルの2杯で競技する大会です。
もともと初代マネージャーが、”コーヒーにこだわったバーにしたい”という提案をもらったのも、
禁煙で開業したきっかけの一つです。特に冬場は暖かいコーヒーカクテルは人気です。
開業時よりスペシャリティコーヒーを扱っております。デカフェも対応できます。

3:こだわりのバードリンク
水に拘った自家製炭酸ハイボール、豊富なグラスワイン、厳選日本酒、クラフトビール&リキュール、ETC
一度も常温になっていない、樽生ビール。【ハイボール】は、日本のウイスキーのには日本の天然水に、
自家製炭酸充填機にて、オーダーごとに炭酸充填します。
スコットランドのウイスキーにはスコットランドの水に炭酸充填して、まろやかな渾然一体となった【ハイボール】を提供しております。
石川県の農口の日本酒、クラフト栃木リキュール、本格焼酎などもご用意しております。

他:
定期的にイギリスを中心に、配送業者以外にもネット通販を駆使して、世界中からスピリッツや副材料、器具を取り寄せます。
日本ではまだ珍しいものも積極的に仕入れて、お客様に新鮮な商品を届けたいと思います。
食事も尾崎牛や広島県のかなわ水産様の牡蠣など高品質なものをご用意しております。
コース料理はボリュームもたっぷりで、おすすめです。

営業時間など:
開業年度は365日営業しておりましたが、2年目の2014年から月曜日が定休日です。
ずっと18時オープンでしたが、2019年から19時オープンです。
ラストオーダーは、ネット上は24時LO表記ですが、お客様が滞在中は、原則LOは伺っていません。
なので、金土祝前日などは、26、7時まで営業することも多いです。
24時の時点でお客様が0の時は基本そのまま閉店します。到着が24時過ぎそうな時は先にお電話ください。
*深夜酒類提供の許可はとれないエリアです。

お知らせ:
2020年5月30日 宮城県仙台駅東口 榴岡2-4-1に姉妹店(フランチャイズ)Bar Source241オープン。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中